カート
ユーザー
コンテンツ
絞り込む
カテゴリー

BELTS

特許取得、どこでもとまるベルト FURIKO

革の特徴と使い易さを考えて開発したフリコベルト。
それは、革の摩擦抵抗を利用して止まる仕組みのベルトです。
ピンホールがなくフリーサイズでご利用いただける上、
微調整が簡単にできるのが特長です。

ミリ単位で微調整できる無段階調整
服装を選ばないシンプルなデザイン
イタリア製の高級レザーを使用

過去8年間で販売累計数
58,300以上

過去8年間で 販売累計数 58,300本 以上 過去8年間で 販売累計数 58,300本 以上

魅力にハマる、
リピーター続出!

お客様の中には、フリコベルトしか使わないという方もいて、2〜3本を回して使用している方もいらっしゃいます。
自社ネットの販売総数987本中、51本がリピート購入。つまり、約5%の方がリピート購入しているという実績があります。

ここがポイント!ここがポイント!
穴の広がりや劣化、型崩れがない

長い間同じベルトを使用していると、ベルト穴が大きく広がったり、場合によって革が剥がれてくることがあります。多くのベルトに携わってきたウインズファクトリーが開発したフリコベルトは、穴の広がりによる劣化がなく、型崩れの心配がありません。
ジャケットを脱いだ時も清潔感を感じさせ、好感をもたれるコーディネートのお役に立てることを約束します。

穴の広がりや劣化、型崩れがない
穴の位置に左右されず常にジャストサイズ微調整も一瞬でできる
穴の位置に左右されず常にジャストサイズ微調整も一瞬でできる

例えば食べ過ぎてしまった時や、インナーを着た時など日常生活のお腹周りには気がつかない小さな変化があります。
一瞬でさりげなくミリ単位での調整ができ、体にぴったり合うように設計されたフリコベルトは、常にジャストサイズを体感でき、日常の小さなストレスを軽減します。

シンプルかつ上品なデザイン

体の中心に位置するバックルは、左右対称のデザインがシンプルで相手に安定感を感じさせます。
どんなシーンでも活躍できる整然とした上品な美しさがあり、従来のスライドベルトとは違う幅広い年齢層に受け入れられるデザインとして多くの支持を得ています。

シンプルかつ上品なデザイン
フリコベルトの歴史

フリコベルトの歴史

東京浅草橋で皮革ベルト・小物の製造と
皮革の輸入販売を営んでいるウインズファクトリー。

フリコベルトは、革を大切に使ってもらいたいという
こだわりが生み出したオリジナルベルトで、
特殊な構造のバックルによりサイズを調節します。
このためいわゆるベルト穴がなく、
どの位置でも簡単に止めることができます。

フリコベルトの歴史

きっかけは、田中前社長の盟友である彫金師の梅津隆志氏が作った不思議なバックル。
「まるで振り子のようにスイングするへんちくりんなバックル。早速試してみると、これがおもしろいアイディアだった。」
と振り返る。
その後、形状を修正し、試作を重ね、実際に数年使用して良い商品であるという確信を得ました。
さらに、独自の構造に対して特許を取得し、多くのお客様に販売をし、たくさんの支持を得ています。

特許技術特許技術
特許技術
特許技術

ノウハウが生み出す独自の技術

ベルトの革厚が非常に重要なフリコベルト。製作の際は厚みを徹底的に管理します。
出荷時は、実際にベルトを通して締まり感をチェックし、傷などがつかないかバックルの検品も欠かしません。
また、使用して変化した厚みにも対応できるよう厚み調整用革パッチをお付けしております。
細かい製造工程やフォローがあってこその特許技術だと思っております。

革の製造工程

動物の皮を裁断、染色、加脂(かし)など、20以上の行程を経て、
約40日間で高級素材に生まれ変わらせる製法です。

塩漬けにし輸入された牛革
石灰漬けで、毛・脂肪などを除去
植物の渋を使ってドラムでなめす
染色し油脂を用い柔軟性を与える
一枚一枚吊り下げて乾燥させる
スプレーで塗料を塗布し染色する
ローラーでシワを伸ばす工程
計量器にかけ色合いや品質を検査

ウインズファクトリーの
タンニンなめし革

革の特徴を大きく左右するのが「なめし」という行程です。
その「なめし」の技術の中で主流なのが、「植物タンニンなめし」と「クロムなめし」。
弊社のベルトに使用している革は、主にイタリアやイギリス、ポーランド産のタンニンなめし革です。

ウインズファクトリーのタンニンなめし革ウインズファクトリーのタンニンなめし革

ご愛用者様の声

フリコベルトをご購入いただいた方のお声をご紹介いたします。

インタビュー
30代男性 仮名Tさん 証券会社勤務

30代男性 仮名Tさん 証券会社勤務

当社「ベルトの使用年数はどのくらいになりますか?」
Tさん「同じもの二本で回していて、だいたい一年半くらいになります。」
当社「ベルトの状態は良好ですか?」
Tさん「使用しないときは、干しているので状態は良いと思います。」
当社「確かに、問題なさそうですね。普段会社では、服装の規定などがあるんでしょうか?」
Tさん「黒いスーツ、黒い靴、黒い鞄、白シャツです。」
当社「ベルトも黒ですね?」
Tさん「靴が黒なんで、必然的にベルトも黒になりますね。」
当社「フリコベルトの使い心地はどうでしょうか?」
Tさん「3kgくらいの体重の増減がよくあるので、とても重宝しています。穴がいらないというのが非常に便利です。」
当社「デザイン的には、問題ないでしょうか?」
Tさん「シンプルでスタイリッシュに見えるので、大変気に入っています。コーディネートもしやすく重宝しています。」

女性アイコン

スーツをきっちり着こなし、誠実な人柄が印象的なT様。
今回インタビューを快く引き受けてくださいました。
会社の服装の規定内でご使用できるということで、ご自身での毎日の着用はもちろんのこと、同僚の方への移動のお祝いにもご購入されました。
社内では、評判上々の様です。これからも末長くご愛用頂けましたら幸いです。

投稿レビュー
人物アイコン

太りすぎてベルトの穴が無くなりそう・・・もしくは、以前より痩せてベルトの穴がもう無くなりそう・・・という方にお勧め。一度締めてしまえば全く腹圧等で緩むことはありません。
何よりもデザインがシンプルで、バックルもベルト部の皮の質も良いのが気に入りました。

人物アイコン

サイズ調整に無理がなくて締め心地と使い勝手が良いです。

人物アイコン

無段階調整のベルトというと見た目が良くないものが多いですが、こちらは作りも丁寧で丈夫だし、何と言っても見た目がスタイリッシュでスーツにも合うしお洒落です。カジュアル用も購入したいと思います。

人物アイコン

夫はいつもダブルリングのベルトを愛用しているのですが、フォーマルなテイストのものがなかったので、見つけた時はこれだ!と思ってプレゼントにしました。座ったり立ったりを頻繁にする仕事なので、普通の穴のベルトだと穴が広がってしまうことが多いのですが、このベルトだとそういったこともなく長く使えそうです。

人物アイコン

偶然ネットで見つけたウインズファクトリーのベルト。
自分の最適な位置でベルトができるタイプは昔は結構あったけど、どれもデザインはイマイチでした。穴のあるタイプのベルトの様に見えて、実はフリーサイズっていうところがいいです。

それ以外にも、私はウエストがかなり細いので、フリーサイズのベルトを買うと、かなりの長さをカットしなければなりません。しかしどれくらいカットするかで、いつも悩みます。だって新品のベルトにはさみを入れるわけですからね。切り過ぎたら取り返しの付かないことになってしまうので、どうしても慎重に長め、長めにカットして、フィット感が無いままになります。

ところがウインズファクトリーさんのベルトはS、M、Lとサイズがあり、新品をカットする罪悪感も感じなく、かついつでもどのパンツでも、最適なポジションでベルトを締めることができる。
これはいいです。

人物アイコン

穴がないベルトがこんなに便利とは思いませんでした。はくパンツによって、少しきつくしたり、少し緩くしたり、また、太り気味の時、やせ気味の時と体の変化に応じて細かい調整ができるのはいいですね。あと、食べ過ぎた後のベルト緩めも、さりげなく可能です(笑)ブラウンを買いましたが、黒も欲しいな。

人物アイコン

いままでベルトのサイズを選ぶのが正直難しかった。長すぎたり短すぎたりで・・・。
今回ベルトに穴がないのはすごく衝撃的でした。見た瞬間に購入していました。次はブラウンも購入しようと思っています。

フリコベルトの使用方法

フリコベルトの使用方法フリコベルトの使用方法

ベルトループに帯を通します。
片方のバックルを持ち上げながら隙間に帯を通し、
締まるまで引けば完了です。

メンテナンスについて

フリコベルトは、革の厚みによって止まる仕組みになっております。
そのため、使用している革がこなれて柔らかくなった場合、
締まりが悪くなる場合がまれにございます。
その際には、バックルのネジを外していただいて、
付属のパッチを革とバックルの間に貼り付けて使用してください。

メンテナンスについて
FURIKO SIZE FREE LEATHER BELT ベルト一覧FURIKO SIZE FREE LEATHER BELT ベルト一覧